. スポンサードリンク


2016年04月01日の動向

この日発表されたアメリカ3月雇用統計は、おおむね良好な内容でした。

失業率は0.1ポイント悪化して5.0%に上昇しましたが、非農業部門雇用者数は前月比21.5万人、平均労働賃金も前月比で+0.3%と、共に市場予想を上回りました。

また、3月製造業ISMも51.8に上昇。
景気拡大を示す50.0以上に上昇したのは昨年10月以来のことになります。

しかし、好調な指標にもかかわらず、市場はドル売りに動きました。

米ドル/円は、112円台半ばから111.58円まで、ユーロ円は128円台前半から127.09円まで100ポイント近く下落しました。
ユーロ/ドルは、発表後に1.1334ドルまで下げましたが、1.1400ドル近辺まで買い戻しが入りました。

一方ポンド/ドルはドル売りに反応せずに大幅下落です。

ユーロに対して売られたことが理由で、ユーロ/ポンドは2014年12月以来となる1ユーロ=0.8000ポンドまでユーロ高・ポンド安が進みました。
このためポンド/円は日中高値から3円以上も下落して158.70円の安値をつけました。





posted by だるま猫 at 09:59 | FXデイリーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。