. スポンサードリンク


2016年03月31日の動向

イエレン議長の発言に端を発したドル売りは31日も続きました。

米ドル/円は112.10円から112.65円で小動きでしたが、ユーロ/ドルは、一時1.1411ドルまで上昇し、昨年10月16日以来の高値を更新しました。

ユーロ/円も、2月16日以来となる128円台を回復しました。
しかし、このユーロ買いは、四半期末のフロー、雇用統計前の調整といった側面も大きいように思われ、今夜の結果次第では流れが反転する可能性もあります。

豪ドル/円も底固い動きでしたが、2日連続86.70円レベルで頭を抑えられて、87円台に乗せることはできませんでした。

3月の米ドル/円の高値は114.55円。
1月高値(121.69円)、2月高値(121.49円)と3ヵ月連続で上値が切り下がりました。

下値もFOMC後には1年5ヵ月ぶりとなる110.66円まで安値を更新しています。
ただ、月の値幅は約3.90円で比較的落ち着いた動きでした。

財務省の浅川財務官は、為替介入の可能性について「円相場の水準よりもボラティリティ」と述べています。
この発言から、現状での日銀介入の可能性はかなり低いといえるでしょう。




posted by だるま猫 at 15:54 | 最新記事更新順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする