基軸通貨


【用語】基軸通貨


一般に次の条件を兼ね備えた国際通貨の事をを指します。

(1)国際間の貿易・資本取引に広く使用される決済通貨であること。
(2)各国通貨の価値基準となる基準通貨であること。
(3)通貨当局が対外準備資産として保有する準備通貨であること。

こうした基軸通貨としての機能を果たすには、通貨価値が安定していることや、高度に発達した為替市場と金融・資本市場の存在などが必要とされています。

歴史的には英ポンドや米ドルが基軸通貨と呼ばれてきましたが、第2次世界大戦後は、アメリカの強大な経済力や軍事力を背景に、米ドルが名実共に基軸通貨となりました。

欧州単一通貨ユーロが将来的にドルと並ぶ基軸通貨に成長する可能性を持ちますが、現時点ではドルの基軸通貨としての地位は揺らいでいません。



posted by だるま猫 at 14:53 | 投資の基本用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


カントリーリスク


【用語】カントリーリスク


投資対象国や地域において、政治・経済情勢の変化や新たな取引規制ができた場合等によって受けるリスクのことをいいます。

国民一人当たりの国民所得や外貨準備、国際収支、政治の安定度などを判断基準として、その国の債務返済能力の程度を判断します。

投資信託には特定の国や地域に特化して投資を行うファンドがありますが、こうしたファンドの場合この「カントリーリスク」が原因となって組入れた株式等の下落して基準価額が予想外に低下したり、運用が困難になったりすることもあります。

通常、エマージング市場の方が先進国よりカントリーリスクが高いといえます。


posted by だるま猫 at 14:14 | 投資の基本用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


システムトレード


【用語】システムトレード

FXや株投資を行う際に裁量を排し、一定売買ルールに従って自動的に売買を行う方法の事です。

略してシストレ、非裁量トレードのことをいいます。

EXCELなどの表計算ソフトを用いて検証することが多くあります。
また、システムトレードをする人のことを 『システムトレーダー』 と言いいます。

一般的にはテクニカル分析に分類されますが、

自分自身のシステムを持って取引を行うことも、システムトレードと言われています。

posted by だるま猫 at 20:00 | 投資の基本用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おすすめ映画★ホームシアターと僕の映画な生活
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。