. スポンサードリンク


2016年04月05日の動向

2月のイエレン議長の発言で円高のスイッチが入った米ドル/円は、今年の安値である110.66円を下抜けると、2014年10月以来の円高水準となる109.95円まで下落しました。

急な円高を受けて、菅官房長官が「為替市場の動向を緊張感をもって注視していきたい」と発言しました。
これが、今回初めての口先介入と受け取られて一時110円台後半に戻る場面もありましたが、効果は持続しませんでした。

また日銀が今月の会合で追加金融緩和について議論するとの報道も流れましたが、逆に言えば会合までは動けないという日銀の限界を示すことになりました。

今月の金融政策決定会合は4月28日でまだ遥か先です。
さらに円高に進む時間の余裕は十分あるようです。

米ドルは利上げ慎重見通しにもかかわらず、日経平均が16000円台を割り込んだことや原油価格が35ドル台に値下がりしていることも、投資家心理を冷やしているようです。
次のターゲットは10月31日の109.15円。このレベルをブレークすると次の大きなレベルは105.15円になります。



posted by だるま猫 at 09:16 | FXデイリーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする