. スポンサードリンク


レバレッジとスワップポイント

レバレッジとは?

レバレッジの語源は「テコの原理」のこと、小さい力で大きな物を動かすことができるという意味の言葉です。

その語源のとおりFXでは、小さな資金で大きな額の取引をすることが可能です。

例えば10万円の証拠金を元に、1ドル100円の米ドルを100万円分購入した場合(レバレッジ10倍)、米ドルが101円になった時に売却すると、たった10万円の資金で1円値がりしただけで1万円の利益を上げることができます。

これがFXレバレッジの魅力です。

しかし、逆にリスクに関してもレバレッジがかかる事には注意しなければなりません。先ほどの例の場合、米1ドルが99円に値上がりした場合、逆に1万円のマイナスになります。

レバレッジは利益も損失も増幅させる諸刃の剣です。上手に使って資金効率を上げていきましょう。


スワップポイントとは?

スワップポイントとは、「2国間の金利差」のことをいいます。
金利の安い通貨を売って金利の高い通貨を買えば、毎日その金利差が収益になります。

円の金利が0.30%のときに金利4.30%の米ドルを買った場合、その差4.0%がスワップポイントになります。

この金利差が取引金額に応じて加算されるため、金利の高い通貨を買うことによって毎日金利差を蓄積させることができます。

1日数百円から数千円程度でもそれを半年、1年続けた場合大きな差になってあらわれます。


posted by だるま猫 at 15:48 | FX最新記事更新順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。